»地雷映画アワード
全編公開(11/03/30)

地雷映画アワード本編はコチラ
»検索フォーム
元ネタのタイトルでも検索可能です。
»レビューDVD一覧
全94作品
あ行
 アドレナリンEX
 アバター・オブ・マーズ
 アホリックス
 アホリックス リローテッド
 アリス
 アルティメット・ランナーズ
 アンアフェア
 アンストッパブル・ハイウェイ
 インセプションコード
 A.Iジョー
 エイリアンvsアバター
 エンジェルアポカリプス
 オフロでGO!タイムマシンはジェット式
 俺たち喧嘩スケーター

か行
 カウボーイ&ゾンビ
 カンフーダンク
 ギリーは首ったけ
 GAMERS
 恋するリストランテ
 極悪人

さ行
 裁判長 トイレ行ってきていいすか
 ザ・ウルフマン
 猿の復讐
 サンダーストーム 雷鋼の鎧
 G.I ウォー
 G.I フォース
 シャーロック・ホームズvsモンスター
 シャッターラビリンス
 13歳のハゲ男
 新・三銃士 ニュー・ジェネレーションズ
 人生逆転ゲーム
 人生奪回ゲーム
 スペース・トレック
 ソー 生命の木とアスガルドの神々
 そんな彼なら別れさせます!
 そんな恋ならやめちゃえば?

た行
 チョコレートバトラー
 チワワ ザ・ムービー
 デート&ナイト
 DEATH FILE
 DEATH FILE 2
 デス・ヤンキー 中坊篇
 テルマエ・エイリアン
 10日間で彼女の心を奪う方法
 トゥーム・ソルジャー
 童貞ペンギン
 賭博英雄伝カゲジ 人生逆転デス・ゲーム
 ドライブファスター
 トランスシューター
 トランスバトラー
 トランス・ミッション
 トランスモーファー-人類最終戦争-
 トランスモーファー リターンズ

な行
 72時間
 26世紀青年
 2022
 2048
 日本以外全部沈没

は行
 ハート・アタッカー
 バイオレンス・ブルー
 パイレーツ・オブ・アイランド
 バス男
 THE BAD
 バッドトリップ!
 ×-MEN 最弱ジェネレーション
 パラノーマル・エンティティ
 パリより復讐の銃弾を
 ハング・オーバー!?
 パーフェクト・エネミーズ
 ファック・アンド・ザ・シティ
 二日間で上手に彼女にナル方法
 ブラッディボディ
 プリズン・サバイブ
 プリズン・フリーク
 プリズン・ブレーキ
 プリンセス・オブ・ペルシャ
 プレデターズ エボリューション
 フレネミー~史上最悪の無計画男たち~
 ほぼ300[スリーハンドレッド]

ま行
 マスク・オブ・デビル
 マリス・イン・ワンダーランド
 マンモス 世界最大のSNSを創った男
 メタルマン
 MIB メン・イン・バカ
 モテ女キ

や行
 40男のバージンロード
 40cmの童貞男
 41歳の童貞男

ら行
 ライアーキルゲーム
 レッドバレッツ
 LOST・ハリケーン

わ行
 ワイルドMAXーアンリミテッド・ボルテージ

番外編
人間ムカデ
ハート・ファッカー

»最新コメント
»最新トラックバック

スポンサーサイト

-------- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | comments(-) | trackback(-) |

チワワ・ザ・ムービー

2011-06-01 (Wed) 00:00

チワワ・ザ・ムービー [DVD] ビバリーヒルズ・チワワ [DVD]
チワワ・ザ・ムービー [DVD]

スクリーンショット(2011-05-29 15.23.36) スクリーンショット(2011-05-29 15.24.48) スクリーンショット(2011-05-29 15.27.40)

元ネタと思われる映画:ビバリーヒルズチワワ
地雷度:★★★☆☆
満足度:★★☆☆☆

今日は地雷映画初の動物ものを紹介しましょう。
その名も「チワワ ザ・ムービー」

チワワがジャケットにいるというだけで便乗映画ではないのでは?
…と思われる方もいらっしゃると思いますが

実はこの「チワワ ザ・ムービー」
大手レンタルショップでは「ビバリーヒルズチワワ2」のリリースと
全く同じタイミングでリリースされたという曰く付きの作品。


店舗によっては「ビバリーヒルズチワワ」の隣に陳列され
あわよくばビバリーヒルズチワワを鑑賞する
チワワ愛好家についでに手にとってもらおうという作品だったりします。

本家の横でやるせない表情で見つめるパチもんチワワ。
まるでペットショップの売れ残りかの様な哀愁ただようジャケットですが
同情の念から思わず手にとってしまわないようにしましょう。笑

<内容>

原題はそのまんま「CHIHUAHUA THE MOVIE」
2010年にアメリカで製作された作品です。

よくも悪くも久々に「典型的なB級映画」を見た気がします。

ディズニー映画における「犬が意思をもって人語で会話する」のではなく
犬に人間の魂が乗り移ってしまうというところから物語が進行していきます。

ところどころ主役であるチワワの見事な演技が垣間見えるのですが
やはり本家と比べると犬の動きに合わせて人間がアフレコしているように
見えてしまう部分も多く、その辺りやはりB級かなという印象。

ただ動物ものでありがちなラストシーンで犬が死んでしまいお涙頂戴
典型的な感動ストーリーをあえて避けたチャレンジ精神は評価したいと思います。

スクリーンショット(2011-05-29 15.23.11) スクリーンショット(2011-05-29 15.24.08) 1


<ストーリー>


セレブ御用達のダイエットコンサルタントのサンドラはバリバリのキャリアウーマン。
しかし幼い頃の経験からか人と接することを苦手とし、周りからも嫌われがち。
そんな折、彼女は突如職場で意識を失い、気がつくとチワワに魂が乗り移ってしまっていた。
チワワになってしまった彼女は人間だった頃の自分が
皆から忌み嫌われていることを知ることになり…



登場するチワワはとても可愛いのですが
人間視点でストーリーが進むせいかあまり動物ものの映画という感じはしませんでした。

ストーリーの展開にも抑揚がないので
チワワが大好きという人でも少し退屈な映画かもしれません。

強いて良かった部分をあげるのであれば
とにかくチワワが可愛い

ジャケットに映っているチワワはイケてないオーラ全開ですが(笑)
主役を演じるチワワはジャケットに映っている犬とは違う子なのであしからず。

それとジャケットに書いてある「おかえり、ずっと待ってたよ」という
いかにも感動ものも装ったキャッチフレーズ的な文字列ですが
もちろん本編と関連は全くありません。

スポンサーサイト

テーマ : 私が観た映画&DVD
ジャンル : 映画

レビュー | comments(0) | trackback(0) |

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。